ロスミンローヤル口コミ

ロスミンローヤルが生理痛にも効く!?

ロスミンローヤルは生理中に飲めるのか?

ロスミンローヤルは生理中に飲めるのか?
シミや小じわといった、女性特有のお肌の悩みに効果的と評判の「ロスミンローヤル」。
このロスミンローヤル、実はお肌にだけではなく、生理痛にも効果があるという話です。
実際のところはどうなのでしょうか。今日はロスミンローヤルと生理痛のと関連について調べてみました。

まずはじめに結論から言いますと、ロスミンローヤルは生理痛に効果があるだけではなく、生理前や生理中に女性の身体に起こる辛い諸症状を和らげる効果があることが分かっています。
その理由は、ロスミンローヤルに含まれている成分にあります。ロスミンローヤルに含まれている多くの成分は、生理前や生理中に起こりがちな諸症状の緩和に効果があるからです。

生理前、生理中の女性の身体は、とてもデリケートです。
生理痛の原因はいろいろありますが、中でも冷えとストレスが最大の原因に挙げられています。
身体が冷えることは、身体の中で血行不良を生じていることを意味します。女性では、手足といった身体の先端の冷えを実感する方が多いようです。

ロスミンローヤルには、9種類の生薬と13種類の有効成分が含まれているのが最大の特徴です。
ロスミンローヤルを服用することで得られる効果は多数ありますが、そのひとつとして、冷え症や血行不良の改善があります。
ロスミンローヤルを服用されている多くの方の服用目的は、生理痛を改善したいというよりは、むしろシミや小じわ、そばかすや肌荒れといったお肌のトラブルを改善したいと思っている方が大多数を占めています。

それに、ロスミンローヤルの広告宣伝自体もお肌のことを全面的に押し出しているので、この記事を読んで初めて生理痛にも効果があるのかと思われた方が多いのではないかと思われます。
ロスミンローヤルの添付文書には、成人(15歳以上)の用量が記載されています。
よって、15歳以上であればどの方でも服用いただけます。

原則、服用できない期間はありません。
効能にも、「妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給」と記載されています。女性のどのような時期にでも、服用に問題はありません。
むしろ身体が弱り気味の時期にこそ試していただきたい商品なので、生理期間中の女性にも安心して服用いただけます。

ロスミンローヤルを生理中に飲む時に注意するポイントは?

ロスミンローヤルを生理中に飲む時に注意するポイントは?
ロスミンローヤルを生理中に飲む際に注意するポイントですが、基本的にはロスミンローヤルの添付文書に書かれているように、1日3回、1回2錠を食後に服用することは生理の有無に関わらず同じです。
1日あたり合計6錠服用することになります。

ロスミンローヤルに含まれる22種類の有効成分は、ローヤルゼリーやニンジン末などの天然成分です。一般的に身体に害のある成分は含まれていません。
しかし、これはどのような商品にも言えることでロスミンローヤルに限った話ではありませんが、中にはアレルギー体質の方でまれに体調が優れなくなってしまう方がいらっしゃるかも知れません。その日の体調によっては、普段何ともないことでも過敏に身体が反応してしまうこともあるでしょう。

ロスミンローヤルは健康サプリメントではなく、あくまでも第三類医薬品に分類されています。第三類医薬品は安全・健康上のリスクが比較的低い医薬品ではありますが、その時々の体調や体質で気になる症状が出る方がいらっしゃるかも知れません。
アレルギー体質と最初から分かっている方は、購入前に一度服用の是非をかかりつけの医師に相談したほうがよいでしょう。

一般的に病院で処方されている薬とロスミンローヤルの飲み合わせについて、特段問題はありませんが、念のため服用前にかかりつけの医師に確認しておいたほうが安心です。
また、生理ではない期間にロスミンローヤルを服用して問題がない方でも、デリケートな生理中では服用によって何らかの体調の変化が生じる可能性も否定できません。そういった場合は、無理せず服用を中止しましょう。

ロスミンローヤルを飲み忘れたことに後から気が付いたとしても、そのぶん1回3錠や6錠にしてしまうことも避けましょう。
指示量の1回2錠を超えての服用は、一時的に成分が過剰に体内に入ってしまうこととなり、胃腸障害などが生じる可能性があります。ロスミンローヤルの添付文書にも書かれている1日3回、1回2錠の用法用量は厳守しましょう。

また、食後30分以内の服用が推奨されているのは、ロスミンローヤルを空腹の状態で服用すると胃が荒れる可能性があるからです。

ちゃんとした理由があっての推奨なので、そこも厳守しましょう。
もしも、生理痛が辛くて食事をする元気がない場合など、通常の量の食事を口から摂れなくても、ゼリーやヨーグルトなど何かちょっとしたものをお腹の中に入れてからロスミンローヤルを服用すると胃が守られてよいでしょう。

他にも、ロスミンローヤルを服用している最中は、尿が普段以上に黄色くなるという報告があります。
生理中は尿の色まで気に掛ける余裕はないでしょうが、もし尿が普段より黄色かったとしても、理由はロスミンローヤルに含まれるビタミンB2の一部が尿中に排泄されるためです。
普段と尿の色が違うと、身体に何が起こったかとびっくりしてしまいますよね。
ちゃんとした理由があっての変色ですので、どうか慌てずに、そのまま安心して服用を続けてください。

ロスミンローヤルは、開封後は直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に、しっかり封をして保管してください。
記載されている使用期限は、あくまでも開封前のものです。開封後は使用期限内に使い切るようにしましょう。
また、小さなお子さんや犬や猫などのペットを飼われている方は、保管場所は大人が手の届く場所限定にするなど工夫が必要です。
誤ってお子さんや動物が服用してしまうことのないよう、保管方法には注意しましょう。

生理中のトラブルは何故起こるのか?

生理中のトラブルは何故起こるのか?
そもそも、生理中のトラブルはなぜ起こるのでしょう。
生理中に限らず、生理前から身体の変化を感じる方が多いです。
女性ならほぼ毎月のように起こることなので、憂鬱になりますね。

多くの女性が感じる変化として、生理痛、腰痛、冷え、気持ちの不安定さが挙げられています。
生理痛と冷え症には、実は密接な関連があります。
生理痛は、子宮の収縮が原因で起こります。
そして冷え症の身体は、血液の流れが滞りがちです。身体の隅々まで血液がうまく流れていかないので、子宮にも血液が流れにくくなります。

子宮が経血を押し出そうとする力が弱まってしまうため、生理痛も強まります。
血液の流れが滞ると、腰痛や腰回りの重だるさも生じがちです。
他にも、気持ちの不安定さに悩まされる方が多いです。

ちょっとしたことで怒りやすくなったり、ストレスを感じたりするのは、生理前に増える黄体ホルモンのプロゲステロンの影響のためです。
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
この2つのバランスが均等に保たれている分には支障がないのですが、生理前は一時的にプロゲステロンが増えてしまうため、ホルモンバランスが崩れて気持ちが不安定になりがちです。

まとめ

まとめ
生理痛の緩和に効果があるロスミンローヤルですが、生理前や生理中といった辛い時期だけ服用するのではなく、日々継続して服用したほうが身体に合うと思います。
ロスミンローヤルは生理に関する諸症状に効果があるだけではなく、シミや小じわ、そばかすや肌荒れといったお肌のトラブルにも効果的であることが分かっています。
生理の辛さを和らげつつ、お肌も美しくなれたらそれこそ一石二鳥ではないでしょうか。

⇒生理痛緩和以外のロスミンローヤル 効果について

ロスミンローヤルを3ヵ月体験してみた結果
ロスミンローヤルの体験

最初の頃とのこの違いを見て下さい!すごくないですか!?

顔全体の透明感もupしていて、シミ・ソバカスも薄くなってきいているのがハッキリと分かる証拠画像です!毎日のメイク時間も短縮しました。美肌になると、自分の肌に自信を持てます。

「内面まで明るくなったね」と言われることが多くなりました。

肌の変化に気付いた時にロスミンローヤルで早めに対策して、飲み続けることで効果が出るので飲まないのは絶対損です!本当にロスミンローヤルだけで十分です。

\今なら送料無料&75%OFF!/
初回解約もOK!

公式ページへ